KOHIRUIMAKI有限会社小比類巻家畜診療サービス

ごあいさつ

小比類巻家畜診療サービスのホームページをご覧いただきありがとうございます。

私どもの会社は、青森県北部上北地域に位置する乳牛と肉用牛を対象とした家畜診療施設です。
また、約100頭の繁殖用黒毛和牛と2頭の種雄牛を擁する繁殖牧場を併設しており、
優良な遺伝資源を有する精液や受精卵の供給はもとより、OPU-IVF(経腟採卵・体外授精)をはじめとする
繁殖関連技術の研究を行っております。

昨今、TPP問題など我が国の畜産業界を取り巻く状況は楽観できるものではありません。
しかし、安全で高品質である国内産の牛乳や肉製品をこれからも生産維持していくことは、
日本の食糧問題を考えるうえでも非常に重要であると我々は考えます。

地域の畜産農家のニーズにこたえ、新しい技術で畜産の発展に貢献したい。それが私たちの目指す道です。

有限会社 小比類巻家畜診療サービス
獣医師・代表取締役  小比類巻 正幸

                                                 このページのTOPに戻る

獣医学博士 小比類巻 正幸

1991年 日本大学農獣医学部獣医学科卒
1991年 小比類巻家畜診療所勤務
2003年 有限会社小比類巻家畜診療サービス代表取締役
2008年 北里大学にて博士号取得(獣医学)

会社概要 2013年6月現在

業務内容 乳牛、肉牛の診療、人工授精、受精卵の採取および移植、OPU・IVF(経腟採卵・体外授精)、定期繁殖健診
繁殖牧場経営、黒毛和牛精液販売
資本金 3,000,000円
代表者 代表取締役・博士(獣医学)小比類巻 正幸
スタッフ 獣医師7名、牧場スタッフ4名(家畜人工授精師2名を含む)、事務職員1名
牧場 繁殖用黒毛和牛100頭、移植用交雑種10頭、哺乳および育成子牛70頭
住所 〒039-2683 青森県上北郡東北町字大平63-3
提携医院 ドルフィンペットクリニック
1969年 野辺地町にて小比類巻家畜診療所を開設
1983年 東北町大平に診療所を移転
1992年 岩手県より黒毛和牛雌子牛2頭を導入、受精卵移植を柱とした和牛繁殖牧場をスタートさせる
1995年 三沢市にドルフィンペットクリニック開設
1998年 成牛80頭収容規模の1号牛舎を建設
2004年 有限会社小比類巻家畜診療サービスを開設
2005年 成牛40頭、育成子牛50頭収容規模の2号牛舎を建設
2006年 和牛受精卵の販売を開始
2008年 哺乳子牛40頭収容規模の子牛牛舎を建設